今できる防犯

空き巣被害に遭わない為に - 防犯対策

防犯対策 > 空き巣被害に遭わない為に

空き巣被害に遭わない為に

空き巣は一戸建ての住宅に入る事が多いと言われています。
それは狙われる家に共通する所があるからです。
自宅は自由に居ることが出来る大切な空間です。
その大切な空間が狙われないように空き巣対策をしましょう。

まず一番に空き巣が狙う箇所は窓です。
窓は施錠忘れが多い点や、破壊をし易さから一番の侵入口として使われます。
その為外出する際は必ず施錠を忘れない事。
今では市販で窓枠に付ける補助鍵も売っているので、二重施錠をするのも効果的です。
また窓破壊による侵入を防ぐため、新築で家を建てる方は防犯ガラスにするのがオススメです。
ただ防犯ガラスも高額なもので、お金をそんなにかけられないと言う方は、防犯フィルムを貼るのをオススメします。
これであればコストも抑えられます。

次に狙われるのは死角のある家です。
あまりいろんな人から家の中を見られたくないと言う事で、高い塀を建てたり、垣根を植えている方もいらっしゃるでしょう。
ですが、そう言って見にくくしたが為に、死角を作り、空き巣に入られてしまっては意味がありません。
上記のようなお宅に住んでいらっしゃるのであれば、防犯カメラやセンサーライトなどの防犯設備を設置しましょう。

最後に空き巣は日々地域を回って情報を集めています。
また空き巣は普段見かけるスーツのセールスマンや作業着の姿に成りすましリサーチをします。
その為に見かけない人がうろうろしていたら通報をすること。
そしてご近所様との付き合いをする事が大切です。
そうすることでお互いに声を掛け合う状況が作れるため、留守のときでも安心して外出することが出来ます。

「これをしたから完璧」ということは無いですが、やらないよりやる事が対策になり、被害に遭わない可能性を大きくします。
今からでも出来ることは多くあるはずです。
是非やるようにして下さい。

recommend



Last update:2021/3/10

top